FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[埼玉新聞]元℃-ute中島さん&秩父ブルーベリーSL運行 駅前でデザートも

08_2017062419313858a.jpg
 秩父観光農林業協会は24日、秩父鉄道(本社・熊谷市)と連携し、「SLちちぶブルーベリートレイン」を運行する。12日に解散したアイドルグループ「℃-ute(キュート)」の元メンバーで、秩父観光農業Oh!園(応援)アンバサダーの中島早貴さんとブルーベリーのヘッドマークを付けたSLが登場する。

 熊谷~秩父駅間の下り車内で、生産者やJAちちぶキャンペーン隊が旬のブルーベリーのPRや試食を実施。観光パンフレットを配布するほか、中島さんの写真入りの特別乗車記念証をプレゼントする。長瀞駅前ではブルーベリーのスムージーなどの冷たいデザートも販売する。

 SLは乗車券のほかに、SL整理券(510円)かSL座席指定券(720円)が必要となる。

 問い合わせは、秩父鉄道企画部(電話048・523・3313)へ。

http://www.saitama-np.co.jp/news/2017/06/23/08_.html
スポンサーサイト

[日刊スポーツ]里田まい「寂しいなぁ」解散の℃-uteねぎらう

2017年6月14日11時33分

 タレントの里田まい(33)が、℃-uteの解散に「寂しいなぁ」と思いをつづった。

 ℃-uteは12日にさいたまスーパーアリーナで行われたコンサートをもって解散。米ニューヨーク在住の里田は会場を訪れることができず、14日に更新したブログで「最後のステージ、観ること出来なかったけど、いろんなところで素晴らしいステージだったと聞いたり見たりして…あぁ…見たかったなぁ。解散しちゃったのかぁ…」と残念がった。

 後輩グループの解散に「小さい時からだから、きっと大変なこととか、本当にいろいろありながら、12年続けるってだけでもすごいことなのに、ファンの方に愛されつづけて、活躍しつづけて。輝きながら解散…すごいなぁ。でもやっぱり寂しいなぁ」としみじみ。「ライブ映像楽しみにしよう! ℃-uteのみんな、本当に本当に長い間、お疲れさまでした!」とねぎらった。

 また里田は、今月30日をもってグループ卒業および芸能界を引退するカントリー・ガールズの嗣永桃子についても触れ、「あぁ、次はわれらが桃子…本音はいやだー」とつづった。

https://www.nikkansports.com/entertainment/news/1839990.html

[東スポWeb]℃−uteラストコンサート成功の裏…深刻だった解散危機

2017年06月14日 11時00分
ts01_20170624220427eb8.jpg

 ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「℃―ute」(リーダー・矢島舞美=25、中島早貴=23、鈴木愛理=23、岡井千聖=22、萩原舞=21)が12日、埼玉県のさいたまスーパーアリーナで解散コンサート「℃―ute ラストコンサート~Thank you team ℃―ute~」を行い、それぞれ最高の笑顔を見せた。だが、この日の舞台に上がるまでの道は険しかった。なかでも5人編成になった直後に直面した深刻な“解散危機”は、ファンにもあまり知られていない。

 最後に目指した舞台、さいたまスーパーアリーナは、かつて5人が1stインディーズシングル曲「まっさらブルージーンズ」を「モーニング娘。」の前座としてパフォーマンスした“スタート地点”だった。足かけ12年の時を経て、この場所に「メーン」として戻ってきた。

 オープニングは「The Curtain Rises」。5人になって初めてのシングル曲「SHOCK!」を披露した際には、鈴木は「いろいろあった曲。歌いきらなきゃって!」と思いを明かしたが、実はこの曲が、グループの「解散危機」を招いていた。

 それまで5人全員で歌っていたが、この曲では鈴木がセンター、ほかの4人が「バックダンサー」という立ち位置に。この編成により“大きな亀裂”が生じた。

 この時期は本当に5人はバラバラだった。岡井は「正直、愛理1人でやればいいのにという気持ちにまでなった」。

 また中島は「私は一歩引いておかなければいけないと思っていた。人間関係が一番つらかった時期だったです」。矢島も「愛理はそれだけの実力があったから納得していました。でも、メンバーの気持ちをリーダーとして事務所に伝えなければいけない。それがつらかった」と明かす。

 萩原にいたっては当時のマネジャーに「辞める」とまで伝えていた。ただ「萩原が辞めたらグループは解散があるよ」と言われ、考え直した。「『℃―uteがなくなるのだけは嫌だ』と思い、辞めるのをやめたんです」(萩原)

 一方、鈴木にもプレッシャーがあった。

「グループがバラバラになって、あの時初めて歌うのが嫌いになりそうだった」という。事務所と話し合ったが、当時のスタッフに「鈴木がダメだからグループが輝かない」と言われていたとも。

 こんな解散危機をどうやって乗り越えたのか。

 それは、5人の「大きな舞台に立ちたい」という同じ夢。それが確認できたときから5人は一致団結した。

 勢いが出始め武道館を皮切りに、横浜アリーナ、そして最後の夢、さいたまスーパーアリーナにたどり着いた。

 ℃―uteとして最後に選んだ曲は「JUMP」。最高の笑顔で会場を飛び回った。さいたまスーパーアリーナは5人が最後まで諦めずにアイドル人生を頑張り抜いた証しとなった。

http://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/696641/

[デイリースポーツ]℃-ute「愛してるよー!」 12年の活動に終止符 35曲完全“燃唱”

2017.6.13
dsp01.jpg
 女性5人組アイドルグループ、℃-uteが12日、さいたまスーパーアリーナでラストコンサートを開催し、12年の活動に終止符を打った。5人はアンコールを含む35曲を披露。最後は涙を流しながらアカペラで「たどり着いた女戦士」を熱唱した。集まった2万人のファンには生声で「愛してるよー!team℃-ute(ファンの愛称)!」と絶叫し、目いっぱいの笑顔で感謝を伝えた。
 会場にはAKB48の柏木由紀(25)、HKT48の指原莉乃(24)らも訪れていた。元メンバーの梅田えりか(26)、栞菜(かんな、旧芸名・有原栞菜=23)村上愛さん(25)も来場しており、リーダーの矢島舞美(25)は「えりかとメグと栞菜も、私たちを強くしてくれました」と感謝した。
 今後はそれぞれが別の道を歩む。矢島と中島早貴(23)は女優、鈴木愛理(23)はモデルとソロ歌手、岡井千聖(22)はタレントとして活動。萩原舞(22)は芸能界を引退する。5人が舞台そでに下がったのは午後9時9分。大型ビジョンに映し出されたデジタル時計が「9:10(キュート)」を刻むと同時にグループは4385日に及ぶ活動を終えた。

dsp02.jpg dsp03.jpg dsp04.jpg dsp05.jpg dsp06.jpg dsp07.jpg

https://www.daily.co.jp/gossip/2017/06/13/0010277942.shtml

[日刊スポーツ]矢口真里が℃-ute解散を見守る「かわいさ無敵」

2017年6月13日11時14分

 元モーニング娘。の矢口真里(34)が、℃-uteの解散に「残念でしょうがありません」と思いの丈をつづった。

 12日にさいたまスーパーアリーナで行われた℃-uteの解散コンサートを会場で見守ったという矢口。コンサート終了後にブログを更新し、「ずっとあり続けると思っていた、最強のアイドルグループ℃-ute。小学生だった彼女達が魅力的な大人の女性になり、新しい夢を見つけて旅立つ姿をしっかりと目に焼き付けてきました。本当に本当に素晴らしかったです。歌もダンスも可愛さも無敵でした!!」と振り返った。

 同じハロー!プロジェクトの同僚として活動してきた同グループの解散に、「正直もう見る事ができないのは、素直な気持ちでいうと残念でしょうがありません」と率直な思いを明かした矢口。「ここにくるまで、幼過ぎて分からなかったことや、辛かったこと、我慢してきたこと、葛藤、、、それはそれは数えきれないくらい沢山の試練があったと思います」「本当にお疲れ様でした!!」とねぎらった。

https://www.nikkansports.com/entertainment/news/1839444.html

[日刊スポーツ]現役最年長℃-ute涙の卒業 中沢裕子らねぎらう

2017年6月13日7時30分 紙面から
nsp001.jpg
 ℃-uteが12日、さいたまスーパーアリーナで解散コンサートを行った。02年6月のハロー!プロジェクト加入から15年。05年6月の結成から12年。AKB48よりも長いアイドル歴を持つ“現役最年長アイドルグループ”が、惜しまれながら活動にピリオドを打った。

 アンコールで、メンバー5人が1人ずつ、涙を流しながらあいさつ。リーダー矢島舞美(25)は「温かい人々に支えられて、幸せな時間を過ごすことができました。おばあちゃんになっても、一生誇れる時間だと思っています。12年間、℃-uteの応援をありがとうございました!」と感謝。唯一、解散後に芸能界引退する萩原舞(21)は「自立して、いつかかっこよくなったなって思ってもらえるように、頑張ります」と宣言。2万人から歓声を浴びた。

 この日は、ハロプロの全グループが前座として出演する異例の演出。ハロプロ全体の初代リーダー中沢裕子(43)や道重さゆみ(27)もサプライズ登場し、花束を渡して祝福した。開演前にはつんく♂(48)からもメンバーごとに5色の花束を渡したという。客席にはももいろクローバーZのメンバーやHKT48指原莉乃(24)AKB48柏木由紀(25)ら、タレントを含む数百人の関係者が訪れた。

https://www.nikkansports.com/entertainment/news/1839256.html

[スポーツニッポン]12年間ありがとう!℃―ute有終の「さいたま」単独公演

2017年6月13日 06:26
spn01.jpg
 女性アイドル5人組「℃―ute」が12日、解散コンサートをさいたまスーパーアリーナで行い、12年の活動に終止符を打った。2006年に先輩グループ「モーニング娘。」の前座として立った舞台。以来、目標としてきた単独公演を、最後の最後で成し遂げた。聴衆は満員の2万人。HKT48の指原莉乃(24)や「ももいろクローバーZ」も駆けつけた。

 アンコールでは「モーニング娘。’17」らハロー!プロジェクトの全6組が登場し見送り。リーダーの矢島舞美(25)は「おばあちゃんになっても誇れる時間。12年間愛してくださってありがとう」と涙を流した。今後は芸能界を引退する萩原舞(21)以外は各自、芸能活動を続ける。

 プロデューサーを務めたつんく♂(48)も客席から見守った。終演後「オーディションの時の印象そのままに成長してくれた。誇りに感じる」とのコメントを発表した。

spn02.jpgspn03.jpg

http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/06/13/kiji/20170612s00041000248000c.html

[サンケイスポーツ]最後まで℃-ute!解散ライブで12年の歴史に幕

2017.6.13 05:06

 結成12周年を迎えた女性アイドル集団、ハロー!プロジェクトの最年長グループ、℃-uteが12日、さいたまスーパーアリーナで解散公演を行った。夢のステージでラストを飾ったメンバー5人は大感激で、岡井千聖(22)は「集大成を見せたい」と、息の合ったパフォーマンスで2万人を魅了。ハロプロ・キッズ時代から15年のアイドル活動に終止符を打った5人は、それぞれの道へ向かって新たな一歩を踏み出した。

 開演前から鳴り止まない℃-uteコール。5色のサイリウムがきらめく会場。「ついにこの日がやってきました」。5人が登場すると、アリーナが割れんばかりの歓声に包まれた。

 同所での公演はグループの悲願。℃-uteは、2005年にハロプロ・キッズの中からBerryz工房に選ばれなかったメンバーで結成。06年にインディーズデビュー曲「まっさらブルージーンズ」を初披露したのが、モーニング娘。の前座として立ったさいたまスーパーアリーナだ。

 当時の映像に合わせて熱唱した前ハロプロリーダーの矢島舞美(25)は「ここで始まったからやりたかった」としみじみ。公演前には後輩グループたちが前座を務めただけに「先輩として役目を果たせたかな」とほほえんだ。

 晴れ舞台には、元モー娘。の中澤裕子(43)、道重さゆみ(27)ら歴代ハロプロリーダーがサプライズで登場。中澤から「15年間お疲れさまでした。美しくたくましく育ったみんなを見られてうれしかった」とねぎらわれると、5人は号泣した。

 生みの親である音楽プロデューサー、つんく♂(48)から「最後だから悔いのないように」と事前にアドバイスをもらった5人は躍動。メジャーデビュー曲「桜チラリ」からラストシングル「To Tomorrow」まで35曲を、過去最多の8変化と、アイドル界トップクラスのパフォーマンスで魅せた。

 解散後、矢島と中島早貴(23)は女優業、鈴木愛理(23)はソロ歌手活動、岡井はバラエティータレントとして活動。萩原舞(21)は芸能界を引退する。

 後輩たちに見送られた5人は、15年の思い出を胸に新たな道に進む。

℃-ute(きゅーと)
 2005年6月11日、ハロー!プロジェクト・キッズのメンバーだった矢島舞美、中島早貴、鈴木愛理、岡井千聖、萩原舞ら8人で結成(後に3人が脱退)。07年2月にシングル「桜チラリ」でメジャーデビュー。同年、日本レコード大賞最優秀新人賞を受賞し、NHK紅白歌合戦に初出場。13年に9月10日が「℃-uteの日」に制定される。グループ名の「℃」は「みなぎる情熱」を表現。

主な来場者
 HKT48・指原莉乃(24)、同・矢吹奈子(15)、AKB48・柏木由紀(25)、ももいろクローバーZ、吉田沙保里(34)、相川七瀬(42)、フットボールアワー・岩尾望(41)、よゐこ・濱口優(45)、ダイノジ・大谷ノブ彦(45)、前山田健一(36)、湘南乃風・SHOCK EYE(40) ※敬称略

san01.jpgsan02.jpgsan03.jpgsan04.jpgsan05.jpgsan06.jpgsan07.jpgsan08.jpgsan09.jpgsan10.jpgsan11.jpgsan12.jpgsan13.jpgsan14.jpgsan15.jpgsan16.jpgsan17.jpgsan18.jpgsan19.jpgsan20.jpgsan21.jpgsan22.jpgsan23.jpgsan24.jpgsan25.jpg

http://www.sanspo.com/geino/news/20170613/ido17061305060001-n1.html

[日刊スポーツ]℃-ute解散「本当にありがとう」あいさつ全文

2017年6月13日0時54分

nikkan02.jpg
 ℃-uteが12日、さいたまスーパーアリーナで解散コンサートを行った。02年6月のハロー!プロジェクト加入から丸15年。05年6月の結成から丸12年。惜しまれながら活動にピリオドを打った。アンコールで、メンバー5人が涙ながらに最後のあいさつをした。全文は以下の通り。

 萩原舞 私は小学1年生からハロー!プロジェクトに入らせてもらって、つんく♂さんには最初、「つんく♂とか来て楽しかった」とか言っちゃって、すごい申し訳なかったんですけど、私を選んでくれてつんく♂さんには本当に感謝しています。今まで、すごいたくさん夢もかなったし、本当に℃-uteの萩原舞でしか経験できないことを、たくさん経験させていただきました。私は芸能界を引退してしまうんですけど、本当にたくさんの方に支えられて、舞ちゃん頑張ってね、って言ってくださったので、私もみなさんに甘えてばかりではいけないと思うので、自立して、そうですね、いつかまいまいかっこよくなったなって思ってもらえるように、頑張っていきたいと思います。℃-uteのメンバーのみんな、一緒に15年間ずっといてくれて、本当にどうもありがとう。ずーっと応援してくれているみなさんも、ちょっと応援してくれたみなさんもいたかと思うのですが、みなさんのこと本当に大好きです。萩原舞でした!

 岡井千聖 みなさん今日は来ていただいて本当にありがとうございます。本当に舞ちゃんも言ってたんですけど、つんく♂さんが私を選んでくれていなかったら、私は景色を見ることもなく、きっと所沢の航空公園でたむろって、友達と遊んでいたんだと思います。自分で自分に自信を持てずに、人に勇気とかを与えられていたらいいなって思うんですけど、私がすごくいつも皆さんにパワーをもらっちゃっていて。本当に皆さんに出会えてよかったと思います。15年間、悔しいこととかつらいこととかあったけど、やめたいなって思ったこともあったけど、私を応援してくれる人が1人でもいるのなら頑張ろうと思って、頑張ってくることができました。家族には生んでくれてありがとうって言いたいし、私はきっとお金持ちだったら、この仕事をもうちょっと早くやめていたかもしれないので、お父さん、これからも仕事一緒に頑張ろうね! 岡井千聖でした!

 鈴木愛理 小さい頃から自分の歌で人を笑顔にしていきたいっていうことがすごいずっと夢で、でも、アイドルになりたいって夢は最初はなかったんですけど、℃-uteってグループに入って、ライブをやることで、自分はすごくアイドルで青春の一部を、ほとんどを過ごすことができて、幸せだったなって思いました。℃-uteの鈴木愛理を認めて、応援してくださった本当にありがとうございました。私も、たくさんメンバーに甘えてばっかりだったけど、これからもチーム℃-uteのみんなと、メンバーの笑顔がずっと見られるように、1人で頑張っていきたいと思いますので、ずっと笑顔でいてください。本当に12年間ありがとうございました。鈴木愛理でした!

 中島早貴 12年間当たり前のようにこうやってライブができたのは、つんく♂さんと先輩の皆さんが作ってくださったハロープロジェクトっていう大きな存在があったからで、私たち℃-uteだけでは、本当にさいたまスーパーアリーナまでたどり着くことができなかったと思います。たくさんの温かく見守ってくださるスタッフさんと、家族と、メンバーと、ファンの皆さんがいて、本当に℃-uteの人生本当に楽しくてあっという間の12年間だったなと思います。つらいこととかもあったけど、楽しいことのほうがすごく多くて、こんな素敵な景色を見ることができて、℃-uteの人生に悔いがありません。本当に本当に、皆さん応援してくれてありがとうございました。中島早貴でした!

 矢島舞美 まず、なっきー(中島)、愛理、千聖、舞、今までずっと一緒に走ってくれくれて、本当にありがとう。そして、今ここにはいないけど、ここのどこかで見てくれている、(梅田)えりかと、(村上)愛と(有原)栞菜も、℃-uteがこうやって駆け抜けてきた12年間にはとても必要な存在で、私たちを強くしてくれたと思っています。本当にどうもありがとう。チーム℃-uteは、スタッフさんや、こんなにすてきな曲をたくさんくれたつんく♂さんや、家族、友達、いろんな温かい人に支えられて、こうして幸せな時間を過ごすことができました。おばあちゃんになっても、一生この時間は誇れる時間だと思っています。本当に12年間、℃-uteの応援をありがとうございました。チーム℃-uteが大好きです! 矢島舞美でした!

https://www.nikkansports.com/entertainment/news/1839224.html

[中日スポーツ]℃-ute「幸せだったよ」 さいたまスーパーアリーナで解散コンサート

2017年6月13日 紙面から

PK2017061302100057_size0.jpg
涙を流しながらファンに別れを告げる℃-ute。左から中島早貴、萩原舞、矢島舞美、岡井千聖、鈴木愛理=さいたまスーパーアリーナで(北田美和子撮影)

 アイドルグループ「℃-ute」(キュート)が、12日にさいたまスーパーアリーナでファン2万人を集め、解散コンサートを開いた。メンバー全員が20歳を過ぎ、将来を見つめ直して話し合った結果、次の夢に向かうため、惜しまれながらも人気絶頂のまま解散を選んだ。デビュー当時からあこがれていた夢舞台に、モーニング娘。’17らハロー!プロジェクトの全グループが集結。全35曲の熱いパフォーマンスで完全燃焼し12年の活動に幕を下ろした。

 「幸せだったよ!」。12年分の感謝を伝えた後、矢島舞美(25)、鈴木愛理(23)、中島早貴(23)、岡井千聖(22)、萩原舞(21)の5人は最後に涙を流しながら、アカペラで声をそろえて歌った。

 ♪ここからの景色が 眩(まぶ)しすぎて また泣いちゃうじゃない 目をつぶり 聞こえてくる心強いエールに包まれて
 タイトルは「たどり着いた女戦士」。デビュー当時からあこがれていた夢舞台でピリオドを打つのにふさわしい楽曲として全員で選んだ。デビュー日から4385日目。語呂合わせで「キュート」の午後9時10分に、惜しまれながら℃-uteは活動を終了した。
 アイドルの卵だった時代から苦楽を共にし、青春のど真ん中を駆け抜けた℃-uteとしての12年間。客席には元メンバーの有原栞菜(かんな)と村上愛(めぐみ)、梅田えりかの姿もあった。

 31枚のシングルはすべて「オリコン」でトップ10入りし、国内外で357回の公演を行った℃-ute。まだまだ衰えを知らない人気ぶりだが、次のステップに進むために引き際を決めるのも、メンバーの美学だった。

 デビュー曲「桜チラリ」をはじめ、「Danceでバコーン!」などの人気曲を披露。リーダーとして12年間グループをけん引した矢島は「たくさんの温かい人に支えられてこうして幸せな時間を過ごすことができました。おばあちゃんになっても一生この時間は誇れると思います!!」と幸せをかみしめた。中島も「こんなステキな景色を見ることができて、℃-uteの人生に悔いはありません。今まで応援してくれてありがとうございました!!」と万感の思いであいさつした。

 アンコールで旅立ちソング「To Tomorrow」を歌う際にはモーニング娘。’17やアンジュルムらハロプロ所属の6グループ47人がステージに整列し、メンバー5人をお見送りした。

◆今後の活動

 5人は5月27日付の各自のブログで、卒業後の目標をつづった。矢島と中島は女優業への挑戦を表明。鈴木は現在モデルとしても活躍中だが、ソロ歌手としても活動していく。岡井は引き続きバラエティー番組での飛躍を宣言。萩原は「芸能活動ではなく違う道で頑張ってみたいって思っています」と引退する意向を示し、海外に短期留学することを決意した。

◆℃-uteの歩み

 ▼2005年6月 15人のハロプロキッズ(研修生)の中から選ばれた7人でグループ結成
 ▼06年1月 有原栞菜が加入
 ▼同11月 学業専念のため村上愛が脱退
 ▼07年2月 シングル「桜チラリ」でメジャーデビュー。オリコン5位を獲得し、女性アイドルグループのデビュー曲としては当時史上初のトップ5位入り
 ▼同12月 第49回日本レコード大賞で最優秀新人賞を獲得。NHK紅白歌合戦にも初出場
 ▼09年7月 有原が脱退
 ▼同10月 梅田えりかが卒業。現在の5人組に
 ▼13年6月 日本記念日協会が9月10日を「℃-uteの日」に認定
 ▼同7月 フランス・パリで初の海外公演
 ▼同9月 9、10日に単独で初の日本武道館公演
 ▼16年8月 グループ解散を発表
 ▼17年3月 ラストシングル(通算31枚目)発売

http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/entertainment/news/CK2017061302000131.html
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。