FC2ブログ

[サンスポ] ℃-uteが全国イベントに出発! 第2弾シングルをPR

 ハロー!プロジェクトの最年少ユニット、℃-ute(キュート)が31日、第2弾シングル「めぐる恋の季節」をPRするため、東京・高輪の駐車場に用意されたメンバーの顔がラッピングされた大型バスに乗り込み、全国ミニライブ&握手会に出発した。

 リーダーの矢島舞美(15)は「まだ、顔と名前を知らない人が多いと思いますので、バスを見て覚えてほしいです。走っているのを見かけたら手を振ってください」と呼び掛けた。

http://www.sanspo.com/sokuho/070731/sokuho064.html
スポンサーサイト



[ニッカンスポーツ]モー娘の妹分℃-uteが全国イベントツアー

 モーニング娘。の妹分で平均年齢13・5歳の7人組グループ℃-ute(キュート)が、31日から全国イベントツアーに出る。この日夜の横浜ブリッツを皮切りに北は北海道から南は熊本まで14カ所でミニライブや握手会を行い、新曲「めぐる恋の季節」をPRする。スタート前に会見した梅田えりか(16)は「夏のいい思い出をつくりたい」と話した。

http://www.nikkansports.com/entertainment/f-et-tp0-20070731-235023.html

[スポーツ報知]℃‐ute 特製ラッピングバスで全国イベント


 平均年齢13・5歳の7人組女性ユニット「℃―ute」が31日、都内で全国イベント「Cutie Circuit 2007」をスタートさせた。

 メンバーは、31日~8月18日まで横浜BLITZなど全国14か所でミニライブ&握手会を開催する予定。最年長の梅田えりか(16)は「夏の良い思い出を作って、思う存分楽しみたい」。最年少の萩原舞(11)も「全国を回れるのがすごく楽しみ」と目を輝かせた。

 今回、7人の顔と名前入りの特製ラッピングバスを製作。メンバーは「多くの人に、私たちのことを知ってもらいたい」と口をそろえた。

http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20070731-OHT1T00164.htm

[BARKS]えっ、この曲を知らないの? そんなあんたの「はなをぷーん」

“ありえない。すごすぎる。一度PV観ただけでもうメロディーを覚えた!”
(桜塚やっくんへの“無茶振り”でおなじみの編集・S原)

“この曲はすごい。普通じゃ絶対に書けない。”
(アーティストへの楽曲提供、レコーディング経験も多数ある、映像編集担当・S)

“はなをぷーん♪ だろ。何で俺知ってるんだろ、1回しかPV観てないのに”
(BARKS編集長・K)

今、ある曲が、BARKS編集部のスタッフの心をガッチリと掴んで離さない。

ジャニーズJr.の期間限定ユニットHey!Say!7やSS501、スピッツ、Aqua Timezに桜塚やっくん、あと東方神起など8月1日にシングルをリリースするアーティストは数多くいるが、その中でも間違いなく注目しないといけない楽曲が、きら☆ぴかの「はなをぷーん / ふたりはNS」だ。BARKS編集部でも「はなをぷーん」のPVは大評判で、1日何回かはどうしても見たくなるという、いわば“感染してしまっている”スタッフも数多い。まだこの映像を観ていないという人は、何も言わずに、まずは一度観てほしい(BARKSでのフルサイズ配信は8月2日まで!!)。

■ 「はなをぷーん」PV視聴(フルサイズ配信は8月2日まで!!)
どうだろう、この作品の素晴らしいセンス。“はぁ?” などと思った諸君には、“何もわかっちゃいないな!”と声を大にして言いたい。これほどのインパクトを持つ曲は、数年に一度出るか出ないか。かの大ヒットした「おどるポンポコリン」に匹敵する、いや、インパクトの強さは「おどるポンポコリン」以上だ。

楽曲すべてが強烈なのだが、中でも個性を放っているのが、歌詞。

<はなを“ぷーん” はなを“ぷーん” / スナップきかせてはなを“ぷーん”>

いきなりこれだ。“ぷーん”って何? という声が挙がるかもしれないが、そんな疑問をよそに曲はどんどん展開する。このほかにも、Bメロには以下のような歌詞が登場する。

<サイン コサイン タンジェント / あなたとわたしはピロロンピー>
<なんこつ ふにふにふーにふにー/ あなたとわたしはピロロンピー>

意味不明なフレーズが、陽気で元気なサウンドとともにめじろ押し。秀逸なのが、Dメロ最後に “曲の残り時間” を訊ねるフレーズ。

<あと何分? あと1分! はなをプーン!!!>

なんという強引すぎる韻の踏み方(そして実際はあと1分ではなく、残り1分22秒もある! そしてここだけ “ぷーん” ではなく “プーン” とカタカナ)!! いずれにせよ、この歌の全面に散りばめられている言葉の感覚は賞賛に値する。ちなみに、作詞はYumYumと表記されており、詳細は不明だ。

さて、この楽曲を歌っている、きら☆ぴか。こちらは知っている人も多いことだろう。きら☆ぴかとは、テレビ東京系アニメ『きらりん☆レボリューション』から登場した、月島きらり【久住小春(モーニング娘。)】と、後輩の観月ひかる【萩原 舞(℃-ute )】の新ユニット。大人気アニメから登場したということで、モーニング娘。や℃-uteよりもさらにファンの年齢層は低く、特にちびっこや、そのお父さん、お母さんから絶大な人気がある。もちろんこの「はなをぷーん」は、『きらりん☆レボリューション』のオープニングテーマソング。


はなをぷーん/ふたりはNS(初回生産限定盤)
きら☆ぴか
なお、カップリングの「ふたりはNS」は、同アニメのエンディングテーマ。こちらの曲は「はなをぷーん」のイメージのまま、同じインパクトを求めようとして聴くと、あまりのギャップに驚く(ちなみに作詞 / 作曲 / 編曲のクレジットは「はなをぷーん」と同じ)。しかし、プラトニックな恋心を磁石のN極とS極にたとえたこの「ふたりはNS」、ちょっぴり切なくもあり、温かくもある名バラード。こちらは普通にオススメできる。

いずれにせよ、この「はなをぷーん」。インパクトあるメロディーと歌詞はもちろん、振り付けも簡単なので、振りまで覚えて歌えばカラオケでも盛り上がるはず。発売は8月1日。興味がないという人も、誰かのCDを買うついでに、とりあえずこのCDを手に取ってみてほしい。試聴できるなら、必ず聴くべし。聴き終わった直後から、絶対口をついて出てくるから!!

http://www.barks.jp/news/?id=1000033225